前へ
次へ

ゲームなのにテニス肘になってしまう

テニスを日常的に行う人がなりやすいのがテニス肘です。テニスはラケットでボールを打つスポーツですが、ラケットを持つ肘に重点的に負荷がかかります。そのために炎症が起きてしまうのでしょう。野球をやっている人が野球肘になるのもボールをたくさん投げているためと言えるでしょう。テニスをするといえばテニスコートで実際に走ったりボールを追ったりしないと楽しめません。最近はもっと手軽に本格的なテニスが楽しめる道具があります。あるおもちゃメーカーが出したテレビゲームで、実際のスポーツの動作をしながらゲーム感覚で体を動かせます。テレビゲームに付属しているアイテムを振るとゲーム中のキャラクターがラケットを振る仕組みで、自宅に居ながら本当のテニスをした気分になれます。テレビゲームは集中すると同じ事を何時間もしてしまうときがあり、それによって肘に痛みが出るときがあります。通常のテニス肘ではなくゲームテニス肘になるかもしれません。

Page Top