前へ
次へ

赤ちゃんの耳のトラブルを防ごう

赤ちゃんは生れてくる時に母親から免疫をもらっているため、生後半年程度は風邪にも罹りにくいとされています。ですがその免疫効果が切れた後は、風邪などを比較的引きやすくなるので注意が必要です。また、風邪と同様に気を付けておきたいのが中耳炎であり、言葉で会話ができない赤ちゃんは、親がそのサインを見逃さないのが肝心です。耳から膿が出て枕などを汚している場合は分かりやすいのですが、耳を触って気にしていたり、呼んだりオモチャで音を立てても反応がない時も、中耳炎のサインです。とくに風邪の後に発症する赤ちゃんも少なくありませんから、それらのサインがある時は早めに耳鼻科で診てもらいましょう。そのほか、赤ちゃんは横にしてミルクを飲ませると中耳炎を招く恐れがあるため、授乳の姿勢にも気を付けます。そして、耳垢を掃除する場合ですが、自宅では耳垢を奥へと押し込むケースもありますので、耳鼻科で掃除してもらった方がベターです。

Page Top