前へ
次へ

医療機関が開催しているイベントもある

ここ最近、肥満による健康相談が内科を中心に増えています。メタボリックシンドロームもまた同じ、医療機関も運営上、様々な取り組みを行っており、その一つは健康ウォーキングです。運動療法としてリハビリにも応用されていますが、効果としては、心肺機能が強化したり、動脈硬化を予防します。もちろん、体内に蓄積された脂肪を燃焼させ、肥満を改善させられます。インスリンの感受性が高まることもあり、健康寿命を延ばしてほしい医療機関の策の一つでイベントが開催されています。こうした情報は、院内の掲示板などで告知されています。骨粗鬆症も予防、また、病は気からといわれるように、ストレス解消などのメンタル効果も期待されています。ですから、うつ病などの患者さんにも運動療法が提案されているのも納得できます。保健師が同行してくれることもあったり、マラソン大会などを目標とするだけで、継続しやすくなります。医療機関においては、周囲の環境を考えて病院、クリニックなどを設立することもあります。ウォーキングモデルコースを作ったり、院内に入院中の患者さんでも気軽に取り組める工夫もされています。

Page Top